タフボルトは高強度の自穿孔タイプの中空ロックボルトです。
トンネルの補助工法や法面の補強土等に幅広く利用されています。
自穿孔タイプは崩壊性地盤の施工には最適であるとともに削岩機が小型、
施工工程が少ない等、工期短縮・施工費削減が図れる合理的な工法です。

タフボルト、カップリング、ナット、ビット等各種材料およびツールスの
加工・販売を行っています。

タフボルトの特徴
◆種類が多い
 引張り強度によりグレードが選択可能です。
 強度レベルに即した合理的な設計が可能です。
◆施工性がよい
 孔径が大きい(送気量大・注入性良)、曲りが少ない等、より作業的に
 優れています。
◆防錆タフボルト
 防錆用として溶融亜鉛メッキ品をご用意しております。
◆国内材料・国内生産
 補強材として使用される部材は、国内鉄鋼メーカーの材料を用いて
 自社工場で製造しています。
 主力商品であるTF26(φ31.5)はボーリングロッド用のシームレス管を
 使用しています。

AGF工法は、剛性の高い鋼管と注入材によって地山を先行補強・改良する補助工法です。
ドリルジャンボを用いて専用ビットを使い、二重管方式で削孔と鋼管打設を
同時に行います。その後鋼管に設置された孔より注入材を注入し、掘削線の
外周部に鋼管がはいった地山改良ゾーンを形成します。この切羽前方に
構築された地山改良ゾーンにより、地山の先行変位を抑制し、
さらに地山の緩み防止と施工の安全を図ります。

AGF鋼管、ビット等各種材料およびツールスの加工・販売を行っています。

AGF工法の特徴
◆施工性がよい
 通常使用されているドリルジャンボを利用し鋼管打設と注入により
 構築する、汎用性の高い長尺先受工法(フォアパイリング)です。
 一般のトンネル作業員で施工できます。
◆工法が多い
 鋼管を打設する方法として、トンネル断面を順次拡幅する拡幅方式と
 無拡幅方式があり、地山状況と施工目的に応じて注入材・注入方式が
 選定できる工法です。

NETIS(新技術情報提供システム、NO.HK-070002)に登録されている
雪崩予防柵設置の際に打設するパイプアンカーの
打設工法(PADアンカー工法)です。
北の技術情報誌Hint! Vol.24に取上げられています。

ビット、削孔機等材料およびツールスの加工・販売を行っています。

PADアンカー工法の特徴
◆施工性
 傾斜面への打設でも段切りが不要です。
 新開発の専用ビットシステムを使用したダウンザホールハンマ式
 二重管打設(削孔管とインナービットのみ引抜き)で確実な削孔が
 可能です。
 エアー圧送による土砂排泄により水処理不要です。
 防錆加工は従来困難であった溶融亜鉛メッキ加工を可能とし、
 内部モルタル充填が不要です。
◆経済性
 二重管方式採用によりアンカーへの衝撃力を緩和したことから、
 地山の諸条件に応じた規格変更可能でり、重量も従来の半分程度まで
 軽量化しています。
 専用削岩機により施工安定性が向上し、全ての地盤・地形において、
 従来工法を上回る施工能力を発揮します。
◆安全性
 フィードスクリュー及び操作盤によりは慣れての作業が可能です。
 フィードスクリューでアンカー持上げを行うため、人力での
 アンカー直立作業が不要です。

一般構造用炭素鋼鋼管(STK)、試すい用継目無鋼管(STM)等の
販売を行っています。
ご希望の外径(D)、厚さ(T)、長さ(L)に対応します。

グランドアンカー工法に使用する各種資材を販売しています。

2014年開設した北海道恵庭工場にて各種鋼管の仕入、転造、加工、
メッキ等二次加を行っております。
各種注文に素早く対応いたします。

機械設備概要
  NC汎用旋盤         2台
  NC旋盤           2台
  汎用旋盤          1台
  汎用フライス盤       1台
  ボール盤          1台
  卓上ボール盤        1台
  マシニングセンタ      1台
  バンドソー         1台
  Co2溶接機         1台
  TIG溶接機          1台
  エアプラズマ        1台
  転造機           1台
  パイプ端末加工機      1台
  鋼管専用自動切断機     1台
  鋼管専用多輪孔開け加工機  1台
  IBO自動面取り機       2台
  IBO高速切断機        1台